サンアゼリアフィルハーモニカ

ARTIST

OFFICIAL BLOG
塚越慎子(マリンバ)

パリ国際マリンバコンクール第1位をはじめ、ベルギー国際マリンバコンクール、 世界マリンバコンクールなど国内外のコンクールにて数々の賞を受賞して、現在最も注目を集めるマリンバ奏者の一人である。

塚越慎子の演奏を聴いた国際的指揮者シャルル・デュトワ氏は "私の知る限り、 塚越慎子ほど素晴らしいマリンバの演奏を聴いたことがない。彼女はすべてが驚くほど見事だ。 その信じられないほど素晴らしいテクニックだけでなく、極めて繊細であり、そして知性に溢れた音楽家である。 彼女には輝かしいキャリアが約束されている" と絶賛した。

国立音楽大学附属音楽高等学校を経て、国立音楽大学を首席で卒業。同時に「武岡賞」受賞。 また、最優秀生として皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。 これまでに、第8回 日本クラシック音楽コンクール打楽器部門第1位(1998年)、 第2回 国際マリンバコンクール(ベルギー)第2位(2004年)、 第4回 世界マリンバコンクール(上海)にて「The Talent Award」(2005年)、 第22回 日本打楽器協会新人演奏会にてグランプリ(2006年)、 第2回 パリ国際マリンバコンクール(フランス)第1位(2006年)を受賞。 2007年 ハクジュホール(東京)にてソロデビュー・リサイタルを行い、 東京オペラシティコンサートホールや横浜みなとみらいホールではオーケストラと協演し、高い評価を得ている。 また、ベルギー、スイス、ポーランド、アメリカ、イギリス、アルゼンチン等から招待され、ソロリサイタルやマスタークラスを行う。

2009年には世界最大の打楽器フェスティヴァルであるPASIC(国際打楽器協会インターナショナルコンヴェンション)において マリンバソリストとして出演するなど、国際的に活動している。

国立音楽大学、(財)明治安田クオリティオブライフ文化財団から奨学金を、 また同財団「海外研修生助成金」を打楽器奏者としては初めて授与され、 2008年より2010年までアメリカ、ノーステキサス州立大学にて研鑽を積む。 2011年3月、ソニー・ミュージックダイレクトより、デビューCD「DEAR MARIMBA」をリリース。 「レコード芸術」誌で特選盤に選ばれる。2012年第22回出光音楽賞受賞。


≪アーティスト一覧ページに戻る

©SunazaleaPhilharmoniker