サンアゼリアフィルハーモニカ

ARTIST

真貝裕司(カスタネット・ソロ)

武蔵野音楽大学卒業。元札幌交響楽団首席ティンパニ・打楽器奏者。 北翔大学非常勤講師、北海道打楽器協会理事長、日本カスタネット協会会長。

2011年3月札幌コンサートホールKitara小ホールに於いて 札幌交響楽団定年退職記念・日本カスタネット協会創立10周年記念リサイタル“真貝裕司「超絶技巧のカスタネット&打楽器の夕べ」”を開催し、絶賛を博す。 2011年8月杉並公会堂小ホール(東京)に於いて日本初の「カスタネット音楽祭」を開催し、 2011年9月には杉並公会堂大ホール(東京)に於いて今井重幸作曲“カスタネット協奏曲「ファンダンゴスに基づく協奏的変容」”を 佐藤迪指揮東京プロムナードフィルハーモ二カーと共演し大成功を収める。カスタネットを通し、テレビ・ラジオ番組等出演多数。 PLAYWOOD社からシンガイモデル・カスタネットを発売。

≪アーティスト一覧ページに戻る

©SunazaleaPhilharmoniker