サンアゼリアフィルハーモニカ

ARTIST

広上淳一(指揮)

東京生まれ。東京音楽大学指揮科に学ぶ。第1回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクールに優勝し、国際的な活動を開始。1991〜95年ノールショピング響首席指揮者、91〜00年日本フィル正指揮者、97〜2001年ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、98〜00年リンブルク響首席指揮者を歴任する傍らフランス国立管、ベルリン放送響、ウィーン響、コンセルトヘボウ管、モントリオール響、イスラエル・フィル、ロンドン響などに定期的に客演。

2006〜2008年米国コロンバス交響楽団の音楽監督を務める。2007年サイトウ・キネン・フェスティバル松本、2008年小澤征爾の代役で急遽水戸室内管定期演奏会を指揮、聴衆、批評家からともに絶賛された。またオペラの分野でも、シドニー歌劇場、新国立劇場をはじめ、国内外で活躍。近年では藤原歌劇団《椿姫》、日生劇場《フィガロの結婚》、新国立劇場《椿姫》、《アイーダ》等が記憶に新しい。京都市交響楽団常任指揮者。東京音楽大学指揮科教授。

≪アーティスト一覧ページに戻る

©SunazaleaPhilharmoniker